皆さんこんばんはー!

店長のニャースです😸

 

今日は起きて寝ぼけ眼でツイッターを徘徊していると一気に覚醒する発表が目に留まりました……!!

 

銀牙伝説 舞台化!!

https://natalie.mu/comic/news/308903

 

しかもシリーズ中で私が最も好きな、初代・流れ星 銀を……!!

この作品は人間ドラマもしばしば、主なのは犬達の物語です。

秋田犬の中でも最も熊狩りに向くという勇猛果敢な虎毛に生まれた銀が、脳髄に弾丸を喰らって異常なまでに狂暴で巨大化した人食い熊・赤カブトを倒す話ですね。

全国・北海道から九州までを仲間と共に駆け巡って同盟を結んだり、時には敵対して力でねじ伏せたりして赤カブトを倒すべく仲間を集めます。

その道中は犬と犬の戦いがあり、最終決戦の地・奥羽山脈に築かれた赤カブトの牙城では狂った巨熊達と戦うことになります……。

 

とここまで熱く書いたはいいんですが、舞台化……一体……?

主人公達が犬であるのに対し、舞台化では(当たり前だが)人間の役者さんが演じられます。

その時点で私にとってはちょっと違和感があるのですが……

発表されている役者さん達が誰の役を演じるのか?

銀?ジョン?赤目?リキ?

皆目見当もつかないので次の情報待ちですが……

うーん楽しみなのは間違いないんだけど、ちょっと怖さもありますね”(-“”-)”

 

銀牙伝説シリーズはけっこうな長さですね。

まず熊犬シロから始まり、その息子リキが初代奥羽総大将として野犬達(捨てられた猟犬や自らの意思で集った犬達)を纏めリキの命令によって銀の旅が始まります。

実はリキは銀の父犬だったり。

銀牙伝説 流れ星銀の旅が終わる頃には銀が二代目総大将として続きます。

物語はそれから14年経って、銀の息子・ウィードの話が始まります。

その旅の中ではウィードの生き別れの兄弟、幸村とジョーも登場。

敵は同族の犬だったりアルビノ種の狂った猿、父や祖父も戦った熊族との話にもなります。

銀牙伝説ウィードの話が終わると、今度はウィードの息子達、シリウス・オリオン・リゲル・ベラの話になります。(主人公はオリオン)

こちらの敵は犬ですね。味方にも多く在籍している忍犬、伊賀・甲賀ですが敵になる忍犬集団とは……

銀牙伝説オリオンの次はシリーズ最終章、ラストウォーズへ。

ラストウォーズでは再び熊との闘いに戻ります。が、これが熱い展開!!

ここで戦う熊は初代総大将達も戦った赤カブトの子孫なのです( ゚Д゚)

最終章で先祖達と同じ立ち位置に立って戦うとか、熱いやん……好き……!

最新刊が待てないので完結したら読もう、と思ってラストウォーズはまだ5巻?くらいまでしか読めてないです。

ネタバレ厳禁ですよー!!

 

ちなみに流れ星 銀とウィードはアニメ化もしていますね。

銀は赤カブト編・ウィードは法玄編が。

八犬士編などなかった

ロシア編好きすぎるからアニメ化はよォ……アラムが、アラムが好き……(´;ω;`)

ド汚い悪役クラスタとしてはヴィクトールも好きなんですけどね(笑

 

よくハマるのには年代が違うだろこの昭和野郎!!とか言われますが、こんな熱い話に年代は関係ない!!!(*’ω’*)✨

長くなってしまいましたが、とにもかくにも舞台化が楽しみですね!続報を待ちましょうかね~(*´з`)

では今夜はこの辺で!See ya!